毎日の生活を快適にするために!ヒノキ精油に関する豆知識をご紹介

ヒノキの香りを嗅いだことがある人は多くいて、ほとんどの人が感じるのが和の香りというイメージでし。
良い香りということは知っていても抽出されたヒノキ精油についての知識はあまり知られていません。
この油は芳香剤で部屋に数秒散布するだけで和の香りで気分がリフレッシュします。
この香りには疲労回復や気分を落ち着かせる効果があることが知られていて、部屋や車の中、トイレなどに利用することで気分を良くストレスの解消にも繋がります。
お風呂に数滴落とすだけでも効果があり、血行促進や冷えやむくみの解消にもなります。

ヒノキ精油には森林浴をしているような和製の香りがある

慌ただしい毎日を過ごしていると、癒しが欲しくなる時があります。
休みの日にどこか自然の中に出かけたいとも思いますが、疲れていたり、溜まった家事をこなさなければならなかったりして、時間が取れないことも。
アロマテラピーならいつでもどこでも手軽にリフレッシュできます。
植物の精油の香りを嗅ぐことで、気持ちが安らいだり、気分転換になるアロマテラピーは、アロマディフューザーやアロマストーンなどで香らせたり、専用の器具がなくてもティッシュに1滴垂らすだけでも心地良い香りが楽しめます。
天然100パーセントの国産ヒノキオイルなら和の香りで、まるで森林浴をしているかのような優しい自然の香りに包まれます。
日本人に馴染みのある香りのヒノキオイルには、リラックス効果はもちろん、消臭や抗菌といったさまざまな効果が期待できるとされています。
忙しい仕事や家事の合間にヒノキの精油で、森林浴気分を味わってみてはいかがでしょうか。

ヒノキには防虫効果の成分があるので精油をアロマスプレーにして部屋の掃除に使うとよい

ヒノキの成分には防虫や消臭の効果があるため、掃除に使うと良いと言われています。
すっきりとした香りのヒノキですが、ダニをはじめとした虫を寄せない効果があり、アロマスプレーを作って拭き掃除に使ったり、衣類に吹きかけたりしておいて、防虫に役立てることができます。
(オイル成分が染みになる可能性がありますので、白や色の薄い衣類に直接吹きかけるのは避けた方がよいでしょう。
)また、消臭効果もあるので、お部屋に残ってしまう生活臭やカビの匂い、また掃除に使った後の雑巾の匂い対策にも役立ちます。
そのほかヒノキ精油の成分には、リラックスやリフレッシュの効果がありますから、掃除をしている間気分よく作業ができますし、掃除の後もほのかに漂うヒノキの香りから、まるで森林浴をしているかのような癒し効果を得られるかもしれません。
ただし、室内でペットを飼っておられる場合には、体調に影響を及ぼす場合がありますので、なめたりこぼしたりしないよう注意が必要です。
適切な使い方で素敵なアロマライフを楽しみたいものですね。

防菌作用のあるヒノキ精油の香りを部屋に満たすことで感染を軽減できる

ヒノキは法隆寺や正倉院といった歴史ある建築物にも使われている木です。
古代の日本人が見つけ出したヒノキの素晴らしい特性は防菌作用があることで、昔の中現代でも参考にされています。
具体的にはαカジノールという成分がこの効果の原因となっており、いろいろなカビや細菌から家を守ることにつながり、これらが飛散することがないため、人体への影響を極力少なくすることになるのです。
したがって、アレルギーや喉の痛みや風邪の症状を未然に防止することができ感染予防につながるのです。
このような成分を含んだ精油が木材に含まれているため、これがアロマの効果をもたらし消臭作用が発揮されます。
これによりより快適な生活空間とリフレッシュできるような環境が整えられているため、ストレスがなく病気に対する抵抗力の向上にもつながることになります。
木材種類によっても、これらの成分に差が出るため、より作用の強いものを選択することが重要になるため、業者との打ち合わせが重要となるのです。

ヒノキ 精油を使用することでリラックスとリフレッシュを同時に体験できる

ヒノキの香りは森林浴をしているような安らぎをもたらしてくれます。
日本人に馴染みやすい和の香りはヒノキ風呂でもおなじみです。
気軽にヒノキの香りを楽しむには精油がおすすめです。
ヒノキの精油にはモノテルペン類とセスキテルペン類が含まれています。
この成分によりリラックスとリフレッシュ効果が同時に体験できます。
疲れた身体を癒しストレスを緩和させてくれます。
血行促進、鬱滞除去作用もあるので冷えやむくみの改善にも期待できます。
マッサージとして使用する場合は、キャリアオイルで希釈してご使用ください。
お肌が敏感な方は、あらかじめパッチテストをするのをおすすめします。
お風呂の入浴剤代わりにエッセンシャルオイルをたらすのも良いです。
ウィルスの感染対策、ダニ予防など暮らしのなかでも大活躍のアイテムです。
アロマディフューザーを活用すると、よりお部屋の空間に香りが広がります。
いつでも新鮮な空気を味わえて森の中にいるような気分に浸れます。

温泉旅行に出かけなくてもヒノキ精油を使うことで自宅でヒノキ風呂が楽しめる?

ヒノキの精油、いわゆるエッセンシャルオイルを使うと、手軽にヒノキ風呂のような風情が楽しめることをご存じでしょうか?
温泉旅館や民宿などのヒノキ造りのお風呂に入ると、お湯や浴室中に爽やかな香りが漂っていて、とても癒された気分になります。
自宅の湯船でも、その気持ちを味わうことが可能です。
精油は植物から抽出したオイル分で、その植物の持つ効能がぎゅっと凝縮されたものです。
ヒノキにはモノテルペン類とセスキテルペン類という炭化水素化合物が含まれていて、気分のリフレッシュ・リラックスによく、ストレスを緩和したり、疲労感を和らげたりしてくれます。
血行促進の作用もあり、冷えやむくみ、また筋肉痛の解消にも効くと言われています。
湯船にお湯を張ったのち、2~3滴垂らしてよくかき混ぜればできあがり。
ほのかに漂う森のような香り、目を閉じて湯船に浸かれば旅行気分になれるかもしれません。
お肌に強く当たることがなければ、もう少々混ぜる量を増やして香りを楽しんでもよいかもしれませんが、多ければよいというものではありませんので、程よい量でご利用ください。

ヒノキの精油にはリモネンなど140種類以上の成分が含まれていている

天然のヒノキの精油には、リモネンをはじめα-ピネン、カリオフィレン、イソアラントールなど多くの成分が含まれています。
その種類は140種類以上にものぼります。
ヒノキの精油は檜の木から蒸留され、その成分は香りや効能に影響を与えています。
リモネンは柑橘系のフルーティな香りが特徴で抗酸化作用があり、気分をリフレッシュする効果があります。
α-ピネンは松のような爽やかな香りで抗炎症効果があり、気道の確保に寄与します。
カリオフィレンは、スパイシーな香りで抗酸化作用と抗炎症作用があります。
イソアラントールはローズのような甘い香りでリラックス効果があります。
消臭や脱臭効果もあるので部屋にスプレーしたり、お風呂に数滴たらして森林浴の気分を味わったりすることもできます。
アロマセラピーとして活用し、ストレス軽減に役立てることもできます。
安全に使用できるように、説明書等をよく読むことがポイントです。

清涼感を感じたい時はヒノキ精油に柑橘系のアロマオイルとブレンドして使うとよい

何だか気持ちがスッとしない、頭が常にボーッとしていて何も考える気にならないなど、軽いうつのような症状が現れている場合には快適な生活が送れなくなってしまうでしょう。
そんな時は、ぜひ自分の好きな香りを思う存分堪能することができる精油を使用してみることをおすすめします。
特に、ヒノキには高いリラックス効果があることはもちろん、心を安定させて体調を良くしてくれる効果も期待することができるので、毎日疲れていて休まる日がない人こそ積極的に取り入れて欲しい種類になります。
また、ヒノキの精油だけだと少しだけニオイが強烈になってめまいがしてしまうこともあるので、清涼感をプラスして心地よさを追究していきたいのであれば、柑橘系とブレンドさせてオリジナルの香りを楽しんでみることをおすすめします。
ほんの数滴垂らすだけでもパッと視界が明るくなるような清涼感を得ることができるので、興味を持たれた方はぜひプラスして良い香りを楽しんでみてください。

ヒノキには血行促進の精油成分があるのでマッサージオイルとして使い体質改善

ヒノキは日本でも古くから重宝されてきた木材で、採取される精油にはいろいろな効能が期待できます。
その中でも、血行が悪い方にはその促進が期待できますので日常のお手入れに取り入れてみてはいかがでしょうか。
ヒノキの精油をキャリアオイルに混ぜて毎日のマッサージに使うと、良い香りに包まれながら滞りがちな血行を促進することができます。
同じ姿勢を続けていると血の巡りが悪くなってむくみや様々な弊害が出てきますが、定期的にそれをマッサージで流すことですっきりとした香りの中でリフレッシュができるのもメリットです。
血行が良くなると冷え性改善にもつながりますし、冷えは体調不良の原因になることがありますので健康維持をしたい方にお勧めします。
ヒノキのオイルはアロマオイルとして香りを楽しめることから人気を集めていますが、香りを楽しみながら血行促進をして冷え性改善もできます。
まずは、少量のオイルから試してみてはいかがでしょうか。

ヒノキの精油成分には肌を守る効果があるが直接肌につける場合には検査が必要

最近は幅広い世代の方から、アロマオイルというものが人気となっています。
以前は若い年代の女性だけが使用をしており、ローズやハーブなどの精油を用いてリラックス効果を得ていたわけです。
ところが昨今ではそれ以外にも目的を持たれる方が多くなり、とくにヒノキが好まれるようになりました。
ヒノキは家屋にも使用をされる材木で、とても清々しい香りを体験できるのが魅力です。
今からヒノキで家を建てようというケースもあるでしょうが、その前にある検査をすることをおすすめします。
理由はヒノキにはホルムアルデヒドというアレルギー物質が存在をするからです。
シックハウス症候群とも呼ばれるもので、幼いお子さんで罹患をすることが多くなりました。
検査はパッチテストであり、1週間程度の間、ひのきの精油を肌に塗布するだけです。
腕や足などの一部に塗布をするだけでよく、まったく肌に変化がなければ安全に暮らせます。
もし湿疹が出た場合は使えません。